【お知らせ】この企画は延期致します。ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い致します。
2011年3月22日映画『未来の食卓』上映会@丸の内カフェ倶楽部21号館

『未来の食卓』予告

開催概要

【お知らせ】
この企画は延期致します。
ご予約頂きました方には個別にご連絡致します。
新たな日程に関しては追ってご案内致します。
開 催 日 :2011年3月22日(火)
上映作品 :『未来の食卓』
会   場 :倶楽部21号館
開   場 :18:30~
上映開始 :19:00~  
終了後 パーティ
席   数 :30席


【会費】 
7.000円(フード・ドリンク・映画費用含む)
【参加申込方法】
autopoiesis22@gmail.com

宛てに、
お名前をお知らせください。
24時間以内に確認メールをお送りいたします。

ものがたり

食卓から始まった小さな奇跡が、人々の幸せを紡いでいく
南フランス・バルジャック村の1年間を描きオーガニックブームを巻き起こしたドキュメンタリー!!

美しい自然に囲まれた南フランス、バルジャック村。ショーレ村長は子供たちの未来を守るため“学校給食と高齢者の宅配給食をオーガニックにする”という前例のない試みに挑戦しました。大人たちは「オーガニックは値段が高いのに、村の財政でまかなえるのか」と戸惑っていましたが、オーガニック給食や学校菜園での野菜作りを通して自然の味を覚えた子供たちに巻き込まれ、小さな村は少しずつ変化していきます。(でも、すべての子供が野菜好きになるには、時間がかかります。フライドポテトが大好きな低学年のフィリップは、まだ抵抗しています!!)

子供たちの未来を考える “おいしい”オーガニックライフのススメ

映画の冒頭、ユネスコ会議での「あなたの周りに、がんや糖尿病にかかった人はいますか?」という健康科学研究者の問いかけに、出席者のほとんどが挙手しました。ヨーロッパでは、癌や糖尿病などの生活習慣病の70%は食習慣を含む、環境に原因があると言われています。あなたはこの数字をどのようにとらえますか?地球の温暖化、環境破壊にも農業のあり方と食生活が密接に関係しています。この映画は、有機栽培農家と一般農家との対話や、家族を癌で失った主婦の体験を通して、私たちでもできる新しい生活を見せてくれます。