微力をつなげて大きな力に。国分寺チャリティー上映会 支援金シネマダイアログ -『地球交響曲』シリーズ全作品一挙上映 - @いずみホール



(C)Jin Tatsumura Office, Inc. / (C) on the road,Inc

微力をつなげて



なにができるんだろう。
震災以降、みんなが考えてる。

最大限の節電、義援金の呼び掛け、
物資を集めて配送する、ボランティア活動に参加する。

実際、何人もの友人が物資を集めて自ら運び、
炊き出しの手伝いや、がれきの移動、洗濯や
髪の毛を切ってあげたりしている。

現地ではマンパワーが足りず、気力と体力があれば
いくらでもボランティアを受け入れる体制もできているらしい。

物資の募集があったとき、余った物資はうちには見当たらなかったし、それに恥ずかしながら自分は肺が破けやすいので、重いものを持ったり運んだりすると危ない。あと正直なところ普通の庶民なんで義援金貧乏でゆとりもない。

支援につながる新たな企画や提案はいくつかあるけど、
案を出し合いながら、時間ばかり過ぎていくのが現実。


んなときに映画制作・配給元からお知らせがあった。
通常1作品94500円の作品レンタル料を
おひとり500円(税込)×お客様人数にて上映ができるというのだ。

・東日本大地震被災者支援のためのチャリティ上映会企画(龍村仁事務所)LinkIcon
・東日本大地震被災者支援のためのチャリティ上映会企画(オンザロード)LinkIcon

『そうだ!』

新しいことをはじめなくても、これまでやってきたことの中で、
できることをすればいい。



微力だけど、無力じゃない。

自分の微力を最大限に活かして、
今できること、やりたいことことを通じて、
支援活動を続けていきたいと思っています。


国分寺チャリティシネマ上映会での支援金(支援先)は現地で目の届きにくい草の根的活動を続けている団体・グループを選んでいます。

山本コヲジより


支援金に関して(支援先)